2010年05月31日

風の町の「おわら煎餅」

この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!


今回は八尾では長年親しまれている長生堂のおわら煎餅をご紹介させていただきます。
かの有名な「瓦せんべい」と見た目、名前が似ていますがお間違いなきよう・・・。



おわら煎餅は昔ながらの手焼で作られています。パリっとした食感の素朴なカステラ風味の甘いお煎餅です。
小麦粉、砂糖、玉子というシンプルな生地に粉末ピーナッツがアクセントになって、甘み
と香りを引き立てます。どこかで食べたような、懐かしい味だと思われるかもしれません。
老若男女問わずお楽しみいただけるお菓子です。


他のお煎餅やポテトチップスと違い、湿気らせてから食べると、また違った味わいがお楽しみいただけます。地元のお年寄りがよくされる裏技だそうです。

煎餅の一枚一枚におわらの絵と唄が焼印されています。一袋ごとに違う絵のようです。
全4種類!

大・小のパッケージがあり。小は紙袋のパッケージで9袋入り、大は箱のパッケージで15袋入りです。一袋に煎餅が2枚入っています。




どちらも綺麗なおわらの絵が描かれている賑やかなパッケージです。
しおりには唄が書かれています、達筆すぎて読めません。

今回ご紹介させていただいたおわら煎餅ですが八尾ブランド風の恋歌にてネット発売しております。
昔ながらの八尾の味、ご賞味ください。







人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 13:28 | 富山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・イベント・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151655960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。