2010年06月23日

お休み処 「川アや」

この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!


資料:観光会館からまでの地図


写真:お店の外観

【川アや(かわさきや)】
住所:西町2273
TEL:076-455-0897
定休日:平日(土日及びイベント開催日のみ営業。おわら、曳山、坂の町アート・・・)
座席数:カウンター・・・3席 テーブル・・・5人がけ 3組
観光会館から徒歩10分



写真:店内の雰囲気1


写真:店内の雰囲気2

〜店主の 藤岡 和美 さんへのインタビュー〜

Q.このお店を始められたきっかけは?
八尾に来られる人や八尾の町の人に休んでいってもらいたいと思い、始めました。

Q.名前の由来はなんですか?
以前にここで、川ア屋(かわさっきゃ)という小間物屋(生活雑貨商)を営んでおられまして、その屋号をいただきました。かわさっきゃというルビでしたが、現在ではそのまま「川アや」と呼んでいます。

Q.今年で創業何周年ですか?
まだ一年未満です(09年9月1日開業)

Q.開店当時の思い出はありますか?
おわらシーズン中だったため、すごく大勢のお客さんが来られたので、無我夢中で接客していました。

Q.おすすめの商品は何ですか?

ホットサンドとエビピラフです。


写真:ホットサンド 550円(サラダ付き)


写真:エビピラフ

エビピラフ  680円(サラダ付)
+100円でハーフサイズコーヒー
+200円でレギュラーサイズコーヒー

Q.お店のオブジェクトでこだわったところはありますか?
古民家再生をして作った店なので、家のつくりそのもののが珍しいかと思われます、高い吹き抜けなどに注目してもらいたいです。
また、昭和当時の柱時計が残っておりまだ動いております。(昭和11年製、当時1円)


写真:柱時計

和室には、囲炉裏も設置してあります。


写真:囲炉裏

Q.仕事のときに心がけていることはありますか?
お店を清潔にし、来られた方が気持ちよく時間を過ごしていただけるようにしています。

〜お客様へのメッセージ〜
真心でおもてなしをいたします。アットホームな雰囲気を楽しんでください。


かすかに耳に届く程度の音楽が流れていて、古民家らしく木材が多用された落ち着きのある店内は非常に雰囲気がよかったです。遅めの朝食には、量も値段も手ごろなのではないでしょうか。







人気ブログランキングへ
↑参考になった!と思っていただいた方はクリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 12:11 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八尾の素敵なお店の紹介♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

伝統の八尾そば「蕎麦屋 少兵衛」

この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!

今回は八尾の名産品の一つ、「八尾蕎麦」のメッカともいえるお店をご紹介いたします。場所は、観光会館の向かいにありますので、徒歩1分未満でたどり着くことができます。


資料:観光会館から少兵衛までの地図

店主の篠川氏は「やつおそば大楽」という八尾の蕎麦打ち教室の代表であり、お弟子さん達がお店(8店舗を開業しています)を持つほどになられました。

また、八尾産の自家製そば粉を商品化して、全国販売を行うなど、八尾蕎麦の第一人者と言えるのではないでしょうか。


写真:少兵衛の外観

【少兵衛】
住所:富山市八尾町上新町2744
TEL:076-421-5214
定休日:平日。(土日、祝日、イベント日のみ営業)
JR八尾駅から:徒歩30分 車10分
観光会館から:徒歩1分
座席数:カウンター席:3人、テーブル・座敷:6人掛け 3組


写真:店内の様子

「蕎麦屋 少兵衛」の店主、篠川さんにインタビューをしてきました!


写真:店主の篠川さん

Q.お店の名前の由来は何ですか?
八尾町の開祖・米屋少兵衛の名前をもじって付けました。

Q.このお店を始められたきっかけは?
やつおそば大楽のアンテナショップとして創業しました。八尾産の地粉(地元産のそば粉という意味)のおいしさを全国にアピールしていきたいです。

Q.今年で創業何周年ですか?
2周年  08年7月開業しました。

Q.開店当時の思い出はありますか?
新聞に載せてもらったことです

Q.おすすめのお蕎麦は何ですか?
八尾五菜そばです。石臼挽きで自家製粉した八尾産の地粉を使用しています。
また、例え忙しいおわらシーズンでも完全手打ちにこだわっています。おかげ様でその時期は大変苦労しております。


写真:五菜そば 945円

Q.お店の売りはありますか?
やつおそば大楽にて、何人も弟子を輩出しました。その弟子たちも店を持つほどになってくれました。
お店では、そば茶などもお求めいただけます。

Q.仕事のときに心がけていることはありますか?
普通のことを普通にするというのがこだわりです。

〜お客様へのメッセージ〜
とにかく一度足を運んで頂きたいです。こだわりの八尾の地粉で作った蕎麦を楽しんで頂きたいと思っています。山菜蕎麦にも地元の山菜を使用していて、高価でも最大限八尾産のものを使用するようにしています。

やつおそば大楽のお弟子さんの中には、全日本素人そば生粉打ち名人大会にも参加、2位(準名人)の成績を収められており、来年こそは一位(名人)を、と意気込んでおられます。
そば打ちに興味のおありの方は、少兵衛HP内に情報が記載されております。ご参考ください。






人気ブログランキングへ
↑少兵衛のそば食べてみたい!と思っていただいた方はクリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 09:51 | 富山 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 八尾の素敵なお店の紹介♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

東町の大衆食堂 みやだ花月

この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!


東町の大衆食堂「みやだ花月(かげつ)」


資料:観光会館からみやだ花月までの地図


写真:みやだ花月の外観

【みやだ花月】
住所:富山市八尾町東町2216
TEL:076-454-2047
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日
JR八尾駅から:徒歩30分 車10分
観光会館から:徒歩7分


写真:お店の雰囲気


写真:お店の雰囲気2

Q.お店の名前の由来は何か?
昔は花月堂というお菓子屋でした。その名残でみやだ花月としました。

Q.何故このお店を始められたのですか?
最初はお菓子屋と平行して鍋焼きうどんなどの麺類屋として営業していました。夏は甘味なども販売していたようです。しばらく経って、丼やラーメンなどが増えていきました。お菓子屋時代も含めて7,80年くらいになると思います。

Q.お店の歴史について
麺類屋として営業しだした当初から忙しかったようで、ご主人が若いころは11時まで営業ということもあったそうです。戦後間もないころは、お菓子屋ということもあり、キャンディなども製造していたのですが、物も無い時代ということもあり行列ができていました。当時の夏は町の皆さんがうちで氷(かき氷)を食べるのを楽しみにしておられたのではないでしょうか?外食というものが珍しい時代もあったので、こういうお店で食べることを楽しみにされていた方も多かったと思います。
今は夜になると人も余り通らないような時代になりましたが。

Q.おすすめの商品はなんですか?
ラーメンや丼。素麺や冷やし中華など季節に応じたメニューをお出しするお食事どころです。
また味に関しては昔ながらの伝統の出汁や味付けをまもっており、昔を懐かしんで来られる方や昔ながら常連のお客様が「昔から変わらない味だね」とおっしゃってくださります。
そのことに関して誇りをもっています。

Q.お店そのものの売りはなんですか?
お店は広いです。個人営業のお店としては八尾でもっとも広いと思います。城ヶ山やおわら資料館とは近いので、そちらをお尋ねになる前後にうちに寄っていかれてはいかがでしょうか?
メニューが豊富で店も広いので、ファミリーでお越しになられて何でもお好きなものをお召し上がりいただけます。


写真:

Q.仕事のときに心がけていることはありますか?
衛生管理には大変気をつけております。
昔からご愛顧いただいているお客様や常連さんには、声かけをしたりお話をお聞きしたり。特に大切に扱わせていただいております。

〜お客様へのメッセージ〜
遠いところから来られるお客さんには、丁寧に応対させていただきたいと思っております。ご満足頂いた上でお帰りして頂きたいです。
また、町の紹介や案内などちょっとしたサービスも手空きのときに致しております。どこに行けばいいのかわからない。というお客様は気軽にお尋ねください。






人気ブログランキングへ
↑参考になった!と思っていただいた方はクリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 10:13 | 富山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 八尾の素敵なお店の紹介♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。