2010年04月30日

伝統ある履物のお店「水上はきもの店」

この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!



写真:水上はきもの店までの地図

先代のゲタ職人だった父の後を継ぎ、88歳になる今もお店を切り盛りしている店主のはつえさん。とても元気でおしゃべりな可愛らしいおばあちゃんです。

また、はつえさんは足を手術する75歳のころまで、ずっと着物姿でお店に出ていたそうです。


写真:60歳ごろのはつえさん



写真:水上はきもの店


【お店データ】
住所:八尾町上新町2815
営業時間:9:00〜19:30
定休日:不定休
電話番号:076-454-3267
JR八尾駅から:徒歩30分、車5分
観光会館から:徒歩5分


写真:店内の様子


写真:ゲタ

綺麗なゲタが陳列されています。色んな種類があって、とても色とりどりで、見るだけでも楽しいです。


写真:鼻緒の芯を取り替える水上はつえさん(88)

「はきものの鼻緒の柄を替えてほしい」と言ってこられるお客さんに対して、普通は鼻緒のつなぎを切るなどして調整すると楽にできるのですが、そうすることで次に微調整する時に不便になってしまうので、お客さんにはできるだけはきものを長く使っていただけるよう、鼻緒の芯から取り替えるそうです。こういった、目に見えない所に手間ひまをかけるのは時間もかかるし、お金にはならないが、そういうことを1つ1つ丁寧に仕事をして、その姿を褒めていただけるのが何よりも嬉しいことなんですとはつえさんはおっしゃいます。

お客さんは主に60代〜70代の方が中心だそうで、女性が多いそうです。

若い人におすすめのはきものはありますか?とはつえさんに尋ねると、若い人にはかかとが高いものが好まれますが、そういった履き慣れないかかとが高いゲタよりも、本人にとって歩きやすいゲタをおすすめするようにしているとのことです。また、そういうゲタの方が、歩く姿が涼しく見えるとはつえさんはおっしゃいます。


写真:若者に人気のあるという、かかとの高いゲタ

ゲタを履きなれていない人におすすめできるのは、「右近履き」といって、歯のないサンダルのようなタイプのゲタだそうです。


写真:右近履き

また、現代の人は昔の人とは違い、ゲタに履き慣れていないため、皮膚がやわらかい方が多いので、鼻緒には肌触りのいいものを使用しているとのことです。鼻緒が硬かったり、強いと感じたら、はつえさんが手直しをしてくれます。


はつえさんが特にオススメだというのが鎌倉彫りと呼ばれるもので、履き心地がよく、履いているうちに履きづやが出てきて、いい感じになるんだそうです。


写真:鎌倉彫り

夏になると、いぐさやごま竹を使用したゲタも販売しているそうです。


〜店主のはつえさんからお客様へのメッセージ〜
あまり上手に商売はできませんが、聞かれたことにはできるだけ丁寧に説明するようにしています。お客さんの好みに合わせて鼻緒やゲタの柄を替えることもできますので、ゲタを持ってお越しいただく方もおられます。







人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 10:48 | 富山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八尾の素敵なお店の紹介♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

吊り橋を渡りに行こう!

今回のわいわいやつおやまださんとのコラボ企画テーマは「橋のある風景」です。

この記事を書こうと思い立った日が、天気がすごくよかったので、ちょうどいいので写真撮りがてら散歩しようかなと思いまして、「ただ歩き」エントリーと重複させていただきました。


この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!


過去の「ただ歩き」エントリーはこちら↓
「春の城ヶ山をただ歩く」
「石畳をただ歩く」


八尾の町をただ歩くだけのこのエントリー、今回はつり橋「やまぶき橋」までの道のりをご紹介させていただきます。やまぶき橋は、水上醸造元さんの天然醸造の味噌の名前にも使用されています。

また、もし八尾に来られることがあれば、ナビゲーターの代わりにケータイからこの「ただ歩き」のエントリーを見ていただきまして、実際に歩いてみてはいかがでしょうか。


所要時間:約50分

今回もスタートは観光会館になります。
観光会館の出入り口から左側にあります、階段を抜けて坂を下りましょう。


写真:階段


写真:階段2


写真:坂の途中

坂の途中の桜はもうとっくに散っちゃってますねえ・・・ここは上新町5丁目住民の花見スポットなんです。だけど4月も終わりに近づいて、だんだん暖かくなってきたので嬉しいです。

坂が終わりましたら右に曲がります。二つの道路がありますので、今回は右の石畳の道を行きましょう。


写真:石畳の道へ行く(右の道です)

石畳が終わったら、左へ行きましょう。ここからはしばらく真っ直ぐ坂を下りて行きます。


写真:交差点

ずーっと真っ直ぐ坂を下って行きます。すると道のつきあたりの手前に、左へ抜ける細い道がありますので、そこを行きましょう。左にお墓がありますが、何か感じても気付かないふりをしましょう。


写真:お墓なんて怖くないよ?

しばらく行きますと、右側に緑の橋が見えてきました!吊り橋です。両側は手すりがあるものの、むき出しになっていますのでここから落ちないように気をつけてください。うちの犬は散歩でここを通るとき、足がプルプルします。かわいい。


写真:やまぶき橋!

耳を澄ませば、川の音が聞こえてきます。これからしばらくは川沿いを歩きますので、川の音を楽しみながら歩いてみてはいかがでしょうか。


写真:気をつけてね!

吊り橋からはこんな感じ↓で川を眺めることができます。詳しくは知りませんが、この川ではたまにボートの大会があるみたいです。


写真:川ではアユが獲れます。

吊り橋を渡りきったら右へ行きましょう。しばらくまっすぐ進みます。

川の音が聞こえますでしょうか?この川の上流では、イワナやアユが獲れます。私も一度だけヤマメを銛で捕まえたことがあります。捕まえるのが上手な友達は1日に5匹ぐらい獲りますので、いつも分けてもらって食べていました。野生です。吊り橋の全体像を見ることができます。


写真:遠くからの写真

交差点に出ましたら、右へ下ります。


写真:右へ行きましょう。


写真:八尾大橋(緑の橋)に向かうので、また右です。

そのまままっすぐ行きまして、八尾大橋を渡って突き当たりを右へ行きます。ここでも二手に分かれていますが、左の道へ行きましょう。坂を登ります。


写真:この八尾大橋を渡ったあと、ゆるやかな坂を登ります。

400mほど行きますと、先ほど通った、上新町の通りに出ます。そこもまだまっすぐ突っ切ってください。


写真:さっき通ったところです!

途中、お花が咲いていました。綺麗です。


写真:種類はわかりません。


写真:お花を近くで撮ってみました。種類はわかりません。

しばらく行くと観光会館へと続く原蚕の坂へ出ます。この坂を登ると観光会館へ到着です。


写真:観光会館へ


写真:観光会館


お疲れ様でした。今回の「ただ歩き」の旅では、吊り橋を渡りましたが、八尾町を流れる井田川にはまだ他にも素敵な橋が架かっていますので、またの機会にご紹介させていただきます。


わいわいやつおやまださんでも、「橋のある風景」を本日ご紹介される予定ですので、覗いて行ってくださいね!!ではまた。






人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!

2010年04月27日

八尾銘菓「初午」の「水月堂」

東町の小さな和菓子店、水月堂。まゆを形どった和菓子「初午」を売っているお店です。「ふらっと館」のななめ向かいに建っていて、注意して見つけないと、つい見過ごしかねない小さなお店ですが、確かな味を持つお店です。


この記事を読む前に、まずは最初にここへ行こう!を読んでいただくと、より楽しく八尾を満喫できます!


資料:観光会館から水月堂までの地図


写真:水月堂外観

店主の水上昇さんが、先代の味を受け継いでから30年以上が経ちます。北海道産の小豆を使用したもなか「初午」、ふわふわでとてもやわらかい口どけが魅力の「十三石」など、和菓子の味は抜群です。また、うちのじいちゃんがここの和菓子が大好きで、めちゃくちゃひいきにしています。

【水月堂データ】
住所:八尾町東町2173
営業時間:10:00〜18:00
定休日:不定休
電話番号:076-454-3376



写真:お店の内装


写真:お店の内装2

昭和30年頃に創られた「初午」は、かつて養蚕で栄えた八尾町を代表するお菓子です。繭(まゆ)をかたどったひとくちサイズの最中で、名前の由来は初午(2月の初めの午の日)に繭(まゆ)を奉納する初午祭が行われていたことから来ているそうです。


写真:初午16個入り
16個入り・・・1150円(店頭価格)
32個入り・・・2200円


写真:初午

店内に飾られている手紙は、昭和の小説家、劇作家の長谷川伸の直筆のもので、代表作「一本刀土俵入り」にまつわる内容だそうです。すごく独特な字を書かれる方ですね。




〜店主水上昇さんからお客様へのメッセージ〜
北海道産のあずきを使用したまゆの形をしたお菓子は、一口サイズで食べやすく、水月堂にしかないお菓子ですので、ぜひとも食べてみてください。


・・・管理人からのお知らせ・・・
今回ご紹介させていただきました、水月堂さんの「初午」が、ウェブショップ「八尾ブランド風の恋歌」にて発売が開始されました!ぜひともご覧になってくださいね!







人気ブログランキングへ
↑参考になりましたら、クリックをお願いします!
posted by ゆうだい at 13:02 | 富山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八尾の素敵なお店の紹介♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。