2010年03月19日

八尾周辺の駐車場情報

車で観光地へ行くと、なかなか車を駐車できないことが多いのではないでしょうか。路上駐車をするわけにもいかないし・・・

そこで、八尾町に車で来た際に、旧町(八尾市街地)の徒歩圏内で、さらにタダ(!)で車を停められるおすすめの駐車場を紹介します。

ただし、八尾町がおわら風の盆お祭り期間中の場合は、交通規制等で使用できません。(お祭りの際のマイカーでの観光の裏技は、また別の記事で紹介します。)あくまで、八尾町を散策したい、という方に向けての駐車場案内です。





P−1(観光会館横駐車場)

駐車台数−30台

過去のエントリー「まずは最初にここへ行こう!」にて、最初に行くべきは観光会館である、と書きましたが、その利点の1つとして、観光会館には駐車場があるので、そこに車を停めて周辺を散策できる。というふうにご紹介させていただきました。

なので、私が最もおすすめする駐車場はここ、観光会館横の駐車場なのです。ここから日本の道百選で有名な諏訪町や、上新町商店街へは徒歩1分ほどで簡単に行くことができるのです。


写真:会館横駐車場


写真:会館横駐車場


P−3(観光会館横トイレの駐車場)

駐車台数−15台

2番目のおすすめがトイレの前の駐車場です。観光会館を正面にすると、石畳の坂「原蚕の坂」をはさんで右側にある和風の建物(トイレです)の前に駐車スペースがあります。観光会館から走れば10秒くらいです。

地元の人がいつも車を停めているので、お金がかかるのかなと思っていたのですが、調査をしたら自由に停めていいとのことです。

しかしなぜ、観光会館に専用の駐車場があるのにわざわざそこまで行く必要があるの?と思われるかもしれません。実は、観光会館横の駐車場は非常に便利なため、利用者が多く、観光バスや風の市(上新町商店街のイベント)などのお客さんで埋まってしまうことがあるのです。しかし、ここの駐車場はなんとなく停めにくいため、駐車スペースが余ることがよくあります。

なので、もし観光会館の駐車場がうまってる!ってなっても、あわてる必要はありません。


写真:会館横トイレ前駐車場


写真:会館横トイレ前駐車場


P−3(観光会館下駐車場)

駐車台数−30台

3番目のおすすめがこちらです。観光会館の横の勾配のきつい石畳の坂、「原蚕の坂」を下り終えると、左手に駐車場があります。ここも無料の駐車場ですので、どうぞ気兼ねなくお停めください。

ここも、P−1、P−2が埋まっていた時の保険と考えてください。もしも観光会館の駐車場が埋まっていても、坂を100mほど下れば、駐車スペースがちゃんとあります。


写真:会館下駐車場


写真:会館下駐車場


P−4(町民広場)

駐車台数−188台

八尾町は、旧町の町並みも綺麗ですが、実は外から見ても綺麗なのです。そして、その綺麗な外観を一番綺麗に見られるスポットがここ、町民広場です。ここから見る旧町の石垣は、まさに圧巻です。おわら冬浪漫の時には西町がライトアップされ、神秘的な光景が広がり、夜になるとカメラマンさんたちが一同にこの町民広場に会します。アニメPERSONA17話「風の里にて」でもここからの風景が描かれています。

ただ、ここから観光を始めると、旧町まで少し歩かなければならないのが難点でしょうか。なので、ここからの風景を写真に撮った後、観光会館に向かうのがベストだと思います。



写真:町民広場駐車場


写真:町民広場駐車場







人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!

2010年03月18日

県外から八尾町へ来る方法

県外から八尾町に来るときは、以下のルートがあります。



黒白線・・・鉄道
水色線・・・高速道路
灰色線・・・飛行機





名古屋方面からは、最近道路が整備されたので、車で2〜3時間で来られるようになりました。なので車がおすすめです。

東京方面からは高速を使っても山道から行っても車で大体6時間弱くらいかかります。長野の山道・トンネルを超えるのはなかなか大変ですし、道幅も狭いのでドライブが好きな人や他の観光地も見つつゆっくりと来たい人以外は結構ハードだと思います。金銭面で言うとマイカーが一番安いですが、電車が最適かもしれません。

大阪方面は電車でも車でもどっちもおすすめです。快適さから言えば電車ですが、コストを考えるとマイカーが安いです。大阪方面から富山への高速道路もきちんと整備されています。


飛行機については・・・札幌に定期便が飛んでますので、北海道の方は八尾に来る際に利用してみてはいかがでしょうか。富山空港から八尾へは車で15分程度と割と近いです。

以下の図は富山駅、IC、空港から八尾町へのアクセス方法です。




このルートを活用して、ぜひとも八尾へお越しくださいませ!



八尾に来た後は、まちめぐりバスで町をめぐるの記事を読んで、まちめぐりバスを利用してみましょう!






人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!

2010年03月17日

まずは最初にここへ行こう!

八尾町に来たら、まず最初に行くべきところがあります。


それは、観光会館です!


開館時間:
9:00〜17:00(年末年始閉館)
観光会館HP:
http://www.yatsuo.net/kankou/
E-mail:
kankou02@cty8.com
TEL:
076-454-5138
FAX:
076-454-6321
住所:
富山市八尾町上新町2898-1



なぜ、最初に観光会館に行くべきなのか。それは、ここが八尾町の全ての観光拠点になるからです!

また、観光会館の入り口には、色んな観光情報のチラシがあるので、それを手に入れましょう。しかも、観光会館内だけでも色んなコンテンツが充実していて、結構楽しめます!

観光会館案内図(クリックで拡大します)





ただし、観光会館に入るには、拝観料が500円かかるのです。500円払ってまで見たくねーやって方は、入り口で色々と質問をするだけして、観光会館を後にしましょう。彼らは八尾の観光のプロなので、疑問に思ったことはなんでも質問してみましょう。八尾に関する色んなことを、優しく教えてくれるはずです。


さらに、観光会館の徒歩圏内には、八尾を楽しむ色んなコンテンツが集まっているため、ここに車を停めれば何かと便利でしょう。そういう意味でも、八尾に来たら「まずは最初にここへ行こう!」



「観光会館」行き・帰りロードマップ(クリックで拡大します)









人気ブログランキングへ
↑参考になりましたらクリックをお願いします!

posted by ゆうだい at 14:21 | Comment(2) | まずは最初にここへ行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。